提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


イネの高温耐性に関わる遺伝領域を解明

2013年09月27日

農業生物資源研究所のイネゲノム育種研究ユニットは、福井県農業試験場ポストコシヒカリ開発部を中心とする研究グループと共同で、イネ品種「ハナエチゼン」において、背白粒の発生を低下させる遺伝領域を明らかにし、さらに、この遺伝子領域の近傍にあるDNAマーカーを見出した。このDNAマーカーを用いることで、地球温暖化による一層の気温上昇にも対応できる、より強い高温耐性イネを育成できると期待される。


詳細はこちらから