提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(鳥取大学)植物の乾燥ストレス耐性を向上させる化合物を発見

2013年07月05日

-乾燥地における作物生産向上に向けた新技術-


鳥取大学乾燥地研究センターとカリフォルニア大学リバーサイド校を中心とした国際共同研究チームは、約6万の機能未知の化合物の中から、植物の乾燥耐性を効果的に向上させる化合物の発見に成功。キナバクチンと名付けた化合物を植物に投与することで、ストレス耐性が植物に付加されることを明らかにした。本研究が発展することにより、乾燥地における作物生産向上に繋がることが期待される。


詳細はこちらから