提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2012年05月


分娩後に牛胎盤を剥離排出するシグナル物質を世界で初めて発見!

2012年5月29日

農研機構 畜産草地研究所は、牛の分娩後に胎盤が子宮から剥離排出される際に働くシグナル物質(必須脂肪酸であるアラキドン酸の代謝物質:オキソアラキドン酸)を世界で初めて明らかにした。一方、従来の分娩誘起技術では、胎盤停滞の多発が問題となっていたが、(地 独)北海道立総合研究機構 農業 … 全文を読む>>

(野菜茶業研究所)「日本茶の輸出拡大を目指した 栽培・加工技術集」を作成

2012年5月22日

農研機構 野菜茶業研究所は、鹿児島県農業開発総合センター茶業部、鹿児島県立短大、(株)下堂園と共同で5年間のプロジェクトに取り組み、茶の輸出対応型栽培管理技術を開発するとともに、新香味茶「萎凋香緑茶(いちょうかりょくちゃ)」の製造法を開発し、新香味茶の海外における嗜好性調査を行っ … 全文を読む>>

除草剤抵抗性を持つ雑草スズメノテッポウの総合防除技術

2012年5月16日

農研機構 九州沖縄農業研究センターは、福岡県農業総合試験場筑後分場、佐賀県農業試験研究センター、公益財団法人 日本植物調節剤研究協会との共同研究により、浅耕播種や不耕起播種技術に除草剤を効果的に組み合わせたスズメノテッポウの総合防除技術を開発した。本技術の導入により、麦類の収量と … 全文を読む>>

年末年始どり栽培に適し、レタスビッグベイン病抵抗性を持つレタス新品種「ウインターパワー」

2012年5月15日

農研機構 近畿中国四国農業研究センター、兵庫県立農林水産技術総合センター、香川県農業試験場は、共同でレタスビッグベイン病強度抵抗性を持つ新品種「ウインターパワー」を育成した。「ウインターパワー」は、近年発病時期が早まっているレタスビッグベイン病に対応するために育成した年末年始どり … 全文を読む>>

日本めんだけでなく菓子等にも使える小麦新品種「ちくごまる」

2012年5月 8日

-九州地域で「農林61号」に代わる品種として期待- 農研機構 九州沖縄農業研究センターは、早生で雨による障害に強い小麦新品種「ちくごまる」を育成した。 「ちくごまる」はコムギ縞萎縮病に強く、同病の発生地域でも栽培できる。また、現行品種「農林61号」と同様のでん粉特性を持つ小麦粉が … 全文を読む>>

省力栽培が可能なメロン新品種「フェーリア」

2012年5月 7日

●育成の目的  メロン栽培では、着果の安定性や果実の品質を向上させるため、また、過繁茂による作業性の低下や病害虫の蔓延を防ぐ目的で、側枝の除去等の整枝作業が行われています。この作業には多大な時間と労力が必要で、特に地ばい栽培では、負担の大きいかがんだ姿勢で作業を行うことから、管理 … 全文を読む>>