提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


ソフトタイプ米菓に適した水稲新品種「亀の蔵(かめのくら)」を開発

2012年12月20日

農研機構 中央農業総合研究センターは、早生の低アミロース水稲新品種「亀の蔵」を開発。中央農業総合研究センターと亀田製菓(株)は共同研究を行い、「亀の蔵」を用いると、口溶けが良好で、米の風味、甘味が強いソフトタイプ米菓の製造が可能となり、作業性にも優れることを明らかにした。今後、新潟県内で米菓用として数十haの作付けが計画されており、米菓の消費拡大に繋がり、国産米の需要が高まることが期待される。


詳細はこちらから