提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


世界初、砂糖の生産性を飛躍的に高めるバイオエタノール生産技術を開発

2012年10月15日

アサヒグループホールディングス(株)と農研機構 九州沖縄農業研究センターは、砂糖とエタノールの生産順序が従来と逆である「逆転生産プロセス」を世界で初めて開発した。この「逆転生産プロセス」を
用いると、バイオエタノール生産による食料とエネルギーの同時増産、さらには、需要等に応じてそれらの生産量・比率を調節することが可能となる。今後「逆転生産プロセス」の技術的な検証を実施し、2015年をめどに、国内外での実用化を視野に入れ、技術を高めていくことを検討する。


詳細はこちらから