提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


直播でも倒れにくく、低コスト生産が可能になる水稲新品種「たちはるか」を開発

2012年10月15日

農研機構 九州沖縄農業研究センターは、多収で直播栽培に適した水稲うるち品種「たちはるか」を育成した。「たちはるか」は来品種より20%近く多収で、「コシヒカリ」、「ヒノヒカリ」と同等の良食味となっている。いもち病と縞葉枯病に強く、農薬使用も低減できることから、 低コスト生産向きの特性を活かして、業務用・加工米用の用途が期待される。


詳細はこちらから