提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


乾燥した条件下でイネの伸長が抑制される仕組みを解明

2012年09月14日

-干ばつ下での作物の生育不良を改善する技術開発に期待-


(独)国際農林水産業研究センターは、東京大学、理化学研究所、産業技術総合研究所と共同で、乾燥ストレス条件下でイネの伸長が抑制されるメカニズムを解明した。この遺伝子の働きを強化すると、イネの伸長が促進され、草丈が2倍に増加した。 この活用により、干ばつ下での作物の生育を改善する技術開発が期待される。


詳細はこちらから