提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野生稲の染色体を日本水稲に導入した、新しい育種素材としての染色体断片導入系統群を開発

2012年09月12日

農研機構 作物研究所は、日本の水稲品種の染色体の一部を野生稲の染色体に置き換えた系統群を開発した。 これらの系統群を育種素材とすることで、栽培稲では失われた野生稲の遺伝子を品種改良に利用することが可能となる。


詳細はこちらから