提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


害虫に殺虫剤抵抗性を持たせる共生細菌を発見

2012年04月26日

(独)産業技術総合研究所(独)農業環境技術研究所は共同で、ダイズの難防除害虫であるホソヘリカメムシが環境土壌中の殺虫剤分解細菌を取り込んで体内に共生させることにより、殺虫剤抵抗性を獲得しうるという現象を発見した。従来殺虫剤抵抗性は、害虫自身の遺伝子で決定されるものと考えられてきたが、今回の発見はそのような常識を覆すもので、害虫における殺虫剤抵抗性の進化や害虫防除戦略の策定に新しい観点を提示するものである。


詳細はこちらから