提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


世界初、昆虫幼若ホルモンの輸送メカニズムを解明 -害虫だけに効く農薬開発に期待-

2012年03月21日

(独)農業生物資源研究所は、昆虫幼若ホルモンとその輸送タンパク質の複合体の立体構造を世界で初めて明らかにした。 幼若ホルモンの血液中での輸送の仕組みが明らかになったことから、この立体構造情報を利用した新規農薬開発の加速化が期待される。


詳細はこちらから