提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農業生物資源研究所)葉の水分保持の仕組みを解明 -乾燥耐性を目指した品種改良への貢献が期待-

2012年02月28日

農業生物資源研究所は、葉の表面を覆うクチクラ層の構造を維持するために必要な遺伝子を同定。この遺伝子が壊れたオオムギやイネでは、葉の水分を保持できなくなることから、燥耐性を高めた品種育成への貢献が期待される。


詳細はこちらから