提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


葉枯病に強いはとむぎ新品種「とりいずみ」を育成

2012年01月26日

農研機構 九州沖縄農業研究センターは、葉枯病に強くて多収のはとむぎ新品種「とりいずみ」を育成した。「とりいずみ」は「あきしずく」と同じ中生で、関東から九州までの広い地域で栽培できる。また、「あきしずく」と同程度に多収で、しかも葉枯病に対して抵抗性が強いため、同病による不稔粒の発生が少ないのが特徴となっている。


詳細はこちらから