提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


コンバインによる適期収穫が可能で、豆腐加工に適した大豆新品種「はつさやか」

2011年12月27日

農研機構 近畿中国四国農業研究センターは、現行の主力品種「フクユタカ」より早生で、青立ち(収穫適期でも茎葉が枯れずに残る障害)の発生と子実の裂皮が少なく、豆腐加工適性も高い大豆新品種
「はつさやか」を育成した。
「はつさやか」は、比較的早生で大豆-麦二毛作体系に対応可能であり、青立ちが少ないためコンバインによる適期収穫が可能で、収量性は「サチユタカ」並に多収。また、豆腐用途で「フクユタカ」並の高い評価を受け、味噌、煮豆、納豆等の加工用途についても良い評価を受けていることから、四国地域の大豆作の安定的生産に貢献し、地域の大豆作拡大や農業振興につながることが期待される。


詳細はこちらから