提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


本邦初の本土向けサトウキビ育成品種「黒海道(くろかいどう)」

2011年11月09日

農研機構 九州沖縄農業研究センターは、地域特産品の製造を通じた6次産業化に貢献できるサトウキビ新品種「黒海道(くろかいどう)」を育成した。「黒海道」は、これまでサトウキビの糖分上昇が不十分であった本土西南暖地において、より高品質な原料生産を可能とし、特産品の開発と生産を通じて、地域の発展に寄与することが期待される。


詳細はこちらから