提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


高温耐性に優れ、寿司米に向く水稲新品種「笑みの絆(えみのきずな)」を開発

2011年09月16日

農研機構 中央農業総合研究センターは、高温耐性に優れ、寿司米に向く水稲新品種「笑みの絆」を育成した。

●寿司飯にした場合、外観、なめらかさは「ササニシキ」よりも優れ、粘りは弱く、やや硬く、ほぐれ易く、あっさりした食感で、寿司米としての食味の総合評価は「ササニシキ」、「ハツシモ」よりも優れる。
●登熟期の高温耐性は強く、高温条件下でも玄米の白濁が少ないことにより、米の検査等級の低下を防げることから、農家経済の安定に繋がることが期待される。


詳細はこちらから