提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


果皮の光沢に優れる「きゅうり中間母本農6号」-台木を選ばないブルームレス性素材を育成-

2011年08月10日

農研機構 野菜茶業研究所は、キュウリ果皮にブルーム(白い粉)がなく、光沢が優れる中間母本「きゅうり中間母本農6号」を育成した。果実表面にはブルームだけでなく、イボやトゲもない。ブルームレス台木を利用しなくても、果皮の光沢が優れ、果実表面がなめらかなキュウリ品種の育成が可能となる。


詳細はこちらから