提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


省力栽培が可能なメロン新品種「フェーリア」 -整枝作業事案を5割短縮-

2011年08月10日

農研機構 野菜茶業研究所は、整枝・摘果作業を大幅に軽労化できる短側枝性・単性花型のネット系ハウスメロンF1品種「フェーリア」を育成した。フェーリアは短側枝性で、発生する側枝の多くが途中で自然に伸長を止めるため、短い側枝を除去せずに放任することができ、両性花の代わりに雌花を付ける単性花型であるため、両性花で起きやすい自然着果が少なく、余分な果実の摘果作業が軽減される。


詳細はこちらから