提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


Googleマップによる水稲栽培管理情報システム -水稲の生育、冷害・高温障害、病害発生を予測する-

2011年07月22日

農研機構 東北農業研究センターは、東北地方の農家を対象に、各農家のほ場位置、品種、移植日に対応した水稲の生育状況、冷害・高温障害、病害発生の予測情報を提供できる水稲栽培管理のための新しい情報システムを開発した。 これらの予測情報は、インターネットで広く利用されているGoogleマップ上で得られるほか、携帯電話からも利用できるため、農作業の合間でも予測情報を確認できる。また、農家のほ場に冷害・高温障害や病害発生の危険性が予測された場合には、警戒情報メールを自動配信する。


詳細はこちらから