提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


焼酎用カンショ新品種「サツママサリ」を育成 ~いもの形状や貯蔵性が優れ、甘くフルーティな焼酎に!~

2011年07月05日

農研機構 九州沖縄農業研究センターは、「コガネセンガン」よりも、いもの形状や貯蔵性などが優れる新品種「サツママサリ」を育成した。「サツママサリ」は、でん粉歩留が高いため、原料当たりの純アルコール収得量が多く、焼酎は甘くフルーティな香りとすっきりした味が特徴。 鹿児島県において、「コガネセンガン」と並ぶ、もう一つの焼酎用品種として普及することが期待されている。


詳細はこちらから