提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


イネの体内時計の役割を解明 -体内リズムは品種の作期・栽培地域の拡大に重要-

2011年06月22日

(独)農業生物資源研究所は、東北大学、(独)理化学研究所と共同で、イネで体内リズムを保つのに必要な遺伝子を同定した。この遺伝子が壊れ体内リズムが乱れたイネは、田植え時期が遅れると、収量が大きく低下する。異なる作期や栽培地域に適した品種育成を進める際、体内リズムを指標とした選抜を行うことにより、環境適応能力の高い品種を得ることが期待される。


詳細はこちらから