提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「農業新技術2011」の選定

2011年05月12日

農林水産省は、農業の競争力強化、農産物の安定供給・自給率向上等の課題の解決に向けて、開発された技術を生産現場に迅速に普及・定着させるため、近年の研究成果のうち、早急に現場に普及すべきものを毎年選定している。
2011年の農業新技術は、以下の通り決定した。


●国産農作物の需要拡大と安定供給を支える新品種
 ・新たな米粉需要の拡大を促進する水稲品種
  「ミズホチカラ」
 ・国産小麦の用途拡大と安定供給を支える品種
  「ゆめちから」 「さとのそら」
 ・ばれいしょ・かんしょでん粉の加工食品原料への用途変換を促進する品種
  「コナユキ」 「こなみずき」

●野菜と果樹の生産コストの削減、高品質生産技術
 ・低コスト生産を実現する加工用ほうれんそうの機械化栽培体系
 ・貯蔵用・樹上完熟用ウンシュウミカンの浮皮軽減技術

●飼料生産の拡大を支える新品種
 ・草地・飼料畑の生産性向上に資する飼料作物新品種
  「たちぴりか」 「なつむすめ」 「ハルワカバ」 「優春」


また、冊子『農業新技術2011 -生産現場への普及にむけて-』は、ホームページからのダウンロードが可能となっている。


詳細はこちらから