提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2010年10月


ほ場で飼料ロールベールを牛に 無駄なく給餌できる可搬給餌装置を開発

2010年10月28日

農研機構 中央農業総合研究センターは、屋外に置いてある飼料ロールベールを牛に直接給餌できる給餌装置を開発した。この装置はロールベールの周りを囲うことにより、食べ散らかしや排せつ物による汚染等による飼料の無駄を減らすことができる。また、飼料を収穫したほ場でそのまま給餌できるため、飼 … 全文を読む>>

(北海道農業研究センター)「新品種「ゆめちから」の栽培に当たって」の掲載

2010年10月19日

(独)北海道農業研究センターが育成した硬質の秋まき小麦「ゆめちから。栽培に当たって、いくつかの注意点があることから、良質安定生産を行うための栽培マニュアル、また、栽培の注意点などを記載した「新品種「ゆめちから」の栽培に当たって」を作成、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

ジベレリンとプロヒドロジャスモンを混合して散布する新しい浮皮軽減技術

2010年10月 7日

ウンシュウミカンにおける浮皮は、温度や湿度が高いほど発生しやすいことが示されており、近年、温暖化が原因で多発していると指摘されている。そこで、このような障害の発生を軽減するため、これまでに開発された技術を概説するとともに、平成22年2月に農薬登録された薬剤を利用した「貯蔵用や樹上 … 全文を読む>>

比内地鶏の「おいしさ」にアラキドン酸の関与を確認 -アラキドン酸給与は鶏肉をよりおいしくする-

2010年10月 6日

農研機構畜産草地研究所、株式会社J-オイルミルズ、秋田県農林水産技術センター畜産試験場の共同研究チームは、比内地鶏の「おいしさ」にアラキドン酸が関与していることを確認した。飼料のアラキドン酸含量を高めることにより、鶏肉をよりおいしくすることが期待でき、消費者が求める「おいしい」鶏 … 全文を読む>>