提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


大果で食味の優れる黄肉モモ新品種「つきかがみ」

2010年11月09日

-外観が美しく、晩生で糖度が高い生食用品種を育成-


農研機構果樹研究所は、黄肉の生食用モモ新品種「つきかがみ」を育成した。「つきかがみ」は、黄肉の主要品種「黄金桃」より1週間程度遅く収穫される晩生品種。果実は350g程度と大果で、糖度も高く食味が優れている。また、裂果や果面の荒れが少なく外観が優れ、無袋栽培が可能です。「黄金桃」からリレー出荷できる生食用黄肉品種として今後の普及が期待される。


詳細はこちらから