提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


玄米が紫黒色のもち米新品種「さよむらさき」を開発 -地域の特産品開発に利用が期待される-

2010年09月13日

九州沖縄農業研究センターは、玄米が、アントシアニンを含み濃い紫色をした紫黒米の水稲もち品種「さよむらさき」を育成した。九州地方では中生熟期の品種であり、当地方での栽培に向く、初めての紫黒米品種で、倒伏に強く、玄米の着色が濃く、色ムラが出にくい特徴がある。


詳細はこちらから