提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


ナス科植物に重大な病害を引き起こす植物病原ウイロイドの新たな検出法を開発

2010年09月01日

農研機構 中央農業総合研究センターは、花き研究所と共同で、マルチプレックスPCR法を用いたポテトスピンドルチューバーウイロイド(PSTVd)の新たな検出法を開発。これまでに世界で発生したPSTVdの全系統を1回の操作で簡単に検出できる。


詳細はこちらから