提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


土壌洗浄法によるカドミウム汚染水田の実用的浄化技術を確立

2010年08月24日

―低コストで水田土壌のカドミウムを除去―


(独)農業環境技術研究所は、長野県農業試験場、富山県農林水産総合技術センター、新潟県農業総合研究所、福岡県農業総合試験場、太平洋セメント株式会社と共同で、土壌洗浄法によるカドミウム汚染水田の実用的浄化技術を開発した。

「土壌洗浄法」は汚染水田に塩化鉄(III)を加え、カドミウムを水中に溶出させて除去する技術。従来、主に実施されている土壌汚染防止対策の客土に比較して、採土地における自然改変など環境への影響や適用する農地の土壌の理化学性への影響が小さい対策方法となっている。


詳細はこちらから