提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


羊のフンから新規の好熱細菌を発見! -キシランを分解、未利用バイオマスの利用促進へ期待-

2010年08月11日

農研機構畜産草地研究所は、稲ワラなどに含まれるヘミセルロースの成分であるキシランを分解し、70℃以上の温度でも増殖する新しい好熱細菌を羊のフンから発見した。本細菌の分解反応により、キシランはキシロースに分解され、バイオ燃料(バイオエタノール)などの原料としての利用可能性が広がることから、稲ワラ等の未利用バイオマスの利用促進に向けて、その応用が期待される。また、本細菌は新しい遺伝資源として利用可能となっている。


詳細はこちらから