提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


麦の混播で雑草を抑制する大豆栽培技術マニュアルを公表

2010年07月07日

-湿害対策を加えることにより、転作田への適用も可能に-

農研機構 東北農業研究センターは、麦類をリビングマルチ(被覆資材として利用される生きた植物)に利用し、雑草を抑えて収量を確保する技術を開発し、マニュアルとして取りまとめた。マニュアルは、ホームページからダウンロードすることが可能となっている。


詳細はこちらから