提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


炊飯後に褐変しにくく、食味に優れる二条裸麦新品種「キラリモチ」

2010年03月29日

農研機構 近畿中国四国農業研究センタ-は、食用大麦として多様な特性を併せ持った裸麦新品種「キラリモチ」を育成した。この品種は褐変の原因となる物質が極めて少ないため、炊飯後にほとんど褐変せず、また、もち性であるため食味に優れ、通常の品種に比べて食物繊維「β-グルカン」含量が多いといった特性、さらには、大麦縞萎縮病やうどんこ病に対する抵抗性を持っている。


詳細はこちらから