提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2009年08月


カドミウム高吸収イネ品種によるカドミウム汚染水田の浄化技術 (ファイトレメディエーション) を開発 -新たな低コスト土壌浄化対策技術として期待-

2009年8月28日

(独)農業環境技術研究所、山形県農業総合研究センター、新潟県農業総合研究所、福岡県農業総合試験場、秋田県農林水産技術センター、三菱化学株式会社は、カドミウム高吸収イネ品種を用いたカドミウム汚染水田の浄化技術 (ファイトレメディエーション)を開発。本浄化技術は、農業用水の必要量が少 … 全文を読む>>

イネの品種改良に新たな歴史を拓く、いもち病抵抗性遺伝子の発見

2009年8月27日

-美味しく、いもち病に強い品種を開発- 農業生物資源研究所は、愛知県農業総合試験場、石川県立大学、STAFF研究所と共同で、陸稲(オカボ)から新しいタイプのいもち病抵抗性遺伝子を発見し、さらにその遺伝子のゲノム情報を利用して、美味しく、いもち病に強い品種の開発に成功した。 詳細 … 全文を読む>>

(北海道農業研究センター)植物の耐凍性を向上させる新しい遺伝子を発見

2009年8月26日

農研機構 北海道農業研究センターは、植物の耐凍性を制御する新しい遺伝子を発見し、耐凍性の向上した植物の作出に成功した。今後この遺伝子を活用して、凍害や霜害に強い作物の作出が期待される。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

畜産草地研究所 「飼料米の生産技術・豚への給与技術」を掲載

2009年8月25日

畜産草地研究所は、畜産草地研究所技術リポート「飼料米の生産技術・豚への給与技術」を掲載。生産者、消費者を対象とした、研究成果や開発した技術をわかりやすく解説している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(野菜茶業研究所)暖地に適した極早生の茶品種「しゅんたろう」 -炭疽病・輪斑病に強い緑茶用極早生品種を育成-

2009年8月13日

農研機構 野菜茶業研究所は、極早生の茶品種「くりたわせ」より約2日摘採適期が早く、製茶品種が優れ、炭疽病、輪斑病に抵抗性を有する緑茶用品種「しゅんたろう」を育成。暖地での普及が期待される。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>