提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(北海道農業研究センター)そば新品種「レラノカオリ」を育成

2009年12月09日

-早熟、大粒、多収でそば産地の活性化-

北海道農業研究センターは、そば新品種「レラノカオリ」を育成。「レラノカオリ」は、北海道の主力品種「キタワセソバ」に比べ早熟で、収穫期が異なることから、両品種を適切に組み合わせて栽培することにより、作業を分散させることができる。さらに、粒が大きく多収で、麺にした時の味、香り、食べた時のかたさに優れていることから、品種によるそば産地の差別化ができ、そば産地の活性化につながることが期待される。


詳細はこちらから