提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


リンゴ新品種「もりのかがやき」 -果皮が黄色の大果で食味に優れるリンゴ品種を育成-

2009年10月28日

農研機構 果樹研究所は、果皮が黄色く、大果で食味が優れるリンゴ新品種「もりのかがやき」を育成した。「もりのかがやき」は、主要品種「ふじ」より3週間程度早く収獲できる豊産性の中生品種。果実は370g程度と大きく、果皮は黄色で陽光面の赤い着色や果面のさびの発生が少ない。果肉の歯ざわりが良く多汁で、糖度が高く、酸味が少ないため、食味は極めて優れている。


詳細はこちらから