提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(畜産草地研究所)飼料及び堆肥に残留する除草剤の簡易判定法と被害軽減対策マニュアルを掲載

2009年06月26日

近年、トマトやキクの栽培において原因不明の異常生育が発生する事例が全国的に報告され、原因を調査した結果、給与飼料および牛ふん堆肥から、国内では使用されていないホルモン型除草剤のクロピラリドが検出された。この被害軽減対策を目的に研究が行われ、その結果をまとめた「飼料及び堆肥に残留する除草剤の簡易判定法と被害軽減対策マニュアル」が、畜産草地研究所のホームページに掲載された。


詳細はこちらから