提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(野菜茶業研究所)お茶の害虫(クワシロカイガラムシ)を適期に防除するための計器を開発

2008年07月31日

野菜茶業研究所は、田畑の気温を継続して観測し有効積算温度をその場で表示できる有効積算温度表示器(写真)を開発。本装置を利用することで、適期の防除が可能になり、農薬使用の適正化や、発生状況の観察に要していた労力の省力化が図れることから、安定生産や低コスト化、環境負荷の低減に役立つことが期待される。


詳細はこちらから