提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2007年11月


複数の防除技術を併用して難防除病害を防ぐ「レタスビッグベイン病の防除」 

2007年11月22日

複数の防除技術を併用して難防除病害を防ぐ「レタスビッグベイン病の防除」 

レタスビッグベイン病とは  レタスビッグベイン病は、植物ウイルスであるミラフィオリレタスウイルス(MLBVV)の感染による病気で、葉脈周辺の色が薄くなり、葉全体が網目状になります。MLBVVは土壌中に生息するオルピディウムという菌類によって … 全文を読む>>

中央農研が飼料の試料採取器「フィードサンプラー」を開発 ―稲発酵粗飼料の成分分析の際に最適―

2007年11月22日

中央農業総合研究センター、広島県立総合技術研究所畜産技術センター、(株)藤原製作所は、畜産農家等に搬入される多数の稲発酵粗飼料のロールベールを解体することなく代表サンプルを採取できる広島県発明の「畜産飼料用ドリル式コアサンプラー」を共同で改良、試料のサンプラーからの取り出しが、よ … 全文を読む>>

麦の踏圧(麦踏み)と追肥・土入れ

2007年11月21日

 冬季は、麦の収穫量を大きく左右する分げつ期・幼穂形成期にあたります。分げつ数や幼穂形成を適正に制御するのは、踏圧(麦踏み)や追肥・土入れの作業で、以下のように行います。 1.踏圧(麦踏み)・・・徒長生育を抑え、耐寒力を強くし、分げつを促進する (1)冬季の気温が高かったり播種量 … 全文を読む>>

(生物系特定産業技術研究支援センター)ITを活用した乳牛飼養管理システム 

2007年11月14日

-キャリロボと給餌機が連動する効率的な給餌を実証中- 既存の搾乳ユニット自動搬送装置(キャリロボ)にデータ収集・通信機能を付加し、1頭毎の給餌をデータに基づき自動で行う、繋ぎ飼い乳牛用の飼養管理システムを開発実証中。本システムでは、乳量データ収集・個体識別給餌に加え、牛舎イメー … 全文を読む>>

稲ワラ有効利用のための収集作業

2007年11月 7日

 稲ワラの収集体系には、天候や圃場条件、機械装備などに応じて様々な方式があります。ここでは代表的な以下の2つの体系を紹介します。  どちらの体系も、水分15%程度まで圃場乾燥できれば、そのまま貯蔵が可能です。しかし、乾燥が不十分な条件で高密度にロールベールに梱包した場合には、発 … 全文を読む>>

麦の播種と基肥

2007年11月 7日

 麦の高品質・安定生産を図るためには、第一に良好な出芽苗立ちと健全な初期生育の確保が重要です。適正な播種、適正な施肥は以下のように行います。 1.播種・・・適期播種、適正播種量によって良好な出芽苗立ちを確保する (1)適期播種は良好な出芽苗立ちを約束します。播種適期は関東で11月 … 全文を読む>>

麦作のための土作りと播種前の準備作業

2007年11月 6日

 わが国の麦作では、土壌が硬くなって通気性や通水性が悪くなるための生育不良や湿害の発生、火山灰土壌でのリン酸欠乏や酸性土壌での生育不良が問題になります。 これらの問題解決のための土作り等は、以下のように行います。 1.堆厩肥の施用と湿害対策・・・土壌の物理性を改良し、根の伸長を促 … 全文を読む>>