提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2007年07月


(東北農業研究センター)地表をクローバで覆うリビングマルチ栽培でトウモロコシの減化学肥料栽培が可能に

2007年7月18日

-飼料用トウモロコシの菌根形成を促進- リン酸欠乏になりやすい黒ボク土の畑地で飼料用トウモロコシを栽培する際、シロクローバを用いたリビングマルチ栽培を行うと、リン酸欠乏症状が軽減され、トウモロコシが増収することを確認していたが、 このほど、リビングマルチによってアーバスキュラー菌 … 全文を読む>>

(東北農業研究センター)猛暑により発生するコメの胴割れを軽減できる栽培条件を東北農研が明らかに

2007年7月18日

東北農業研究センターでは、胴割れ発生の軽減には、登熟初期に高気温を回避する作期選択や圃場の地温を下げる水管理、更に、登熟期間に葉色を過度に低下させない追肥が有効であることを明らかにした。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

生乳生産量と所得を予測・調整できるソフトです ~「生乳計画生産・所得推定ソフト」のご紹介~

2007年7月12日

●はじめに  酪農家の皆様の経営に役立つよう、月別に生乳生産量と所得を予測・調整できるソフト「生乳計画生産・所得推定ソフト」を作成しましたので、その内容を簡単にご紹介します。  この「生乳計画生産・所得推定ソフト」は、既存の繁殖管理ソフトに、牛群検定成績を基に作成した、西南暖地に … 全文を読む>>

(生物系特定産業技術研究支援センター)台木用カボチャを斉一に出芽させる方法

2007年7月 9日

台木用カボチャを対象に、あらかじめ所定の水分に調整した培地へ播種し、播種直後のかん水を行わずに発芽に最適な温度で管理することで出芽率及び出芽の斉一性を高める方法で、これにより、出芽後の苗生育が揃い、接ぎ木などの機械作業の精度向上が見込まれる。 詳細はこちらから ※マニュアルはこ … 全文を読む>>

(東北農業研究センター)ニンニクりん茎の長期貯蔵温度は-2℃が最適

2007年7月 3日

東北農業研究センターでは、国産のニンニクを1年中、安定して供給できる品質保持技術の開発に取り組み、周年出荷に不可欠な長期貯蔵の条件について検討した結果、品質を保つために最適な貯蔵温度条件は-2℃であることを明らかにした。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>