提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(東北農業研究センター)猛暑により発生するコメの胴割れを軽減できる栽培条件を東北農研が明らかに

2007年07月18日

東北農業研究センターでは、胴割れ発生の軽減には、登熟初期に高気温を回避する作期選択や圃場の地温を下げる水管理、更に、登熟期間に葉色を過度に低下させない追肥が有効であることを明らかにした。


詳細はこちらから