芦北サラダたまねぎの栽培を中心に、さまざまな出来事をお伝えします。

RSS

◆2008年3月

東京で試食宣伝会!

2008.03.24

3月21日(金)~22日(土)の二日間、東京でサラたまちゃんの試食宣伝をおこないました。

サラたまちゃん  大田市場内東京青果での試食宣伝会


21日は築地市場内東京シティ青果で、22日は大田市場内東京青果で、セリ前の午前6~7時、中卸の方々に、生の「サラたまちゃんスライス」と、温かい「サラたまちゃん入り味噌汁」を試食してもらい、サラたまちゃんを熱くPRしました。


サラたまちゃんドレッシングをかけた「サラたまちゃんスライス」はたいへん好評で、運搬車や自転車を止めた中卸の人たちは、スライス、味噌汁両方に舌鼓を打っていました。

大田市場内東京青果での試食宣伝会風景  大田市場内東京青果での試食宣伝会風景

サラたまちゃんスライス  サラたまちゃん入り味噌汁

また、21日は、OKストア雑色店(大田区)ほかで、買い物客にもサラたまちゃんの試食を勧め、サラたまちゃんを売り込みました。

サラたまちゃんは、すでに出荷、流通が始まっていますが、これから5、6月にかけて、出荷最盛期を迎えます。

サラたまちゃん出荷目慣らし会

2008.03. 7

 先日お伝えした「葉付きサラたまちゃん」も終盤になった3月7日、「サラたまちゃん」の出荷目慣らし会を開催しました。


 今年は、昨年と違って2月に寒波が襲来したこともあり、タマネギの生育は一時的に停滞していますが、かえって品質が向上しています。いよいよ「サラたまちゃん」は本格的なシーズンに突入です。


 3月中旬までに出荷される「サラたまちゃん」は超極早生・極早生品種で皮が柔らかいため、当初は個々の農家が手選別で箱詰めします。

 3月の下旬からは選果場で機械選果を行います。出荷は6月まで行われます。

  


 目慣らし会では適期収穫、家庭選別の徹底、出荷日、規格別の注意点について、サラたまちゃん選果場の森山場長から説明があった後、JAあしきた営農相談課の梅下指導員から今後の栽培管理、家庭選別の注意点の指導がありました。


 特に栽培管理では、農薬散布におけるドリフト問題が発生しないように、圃場が隣接する場合には生産農家同士がお互いにコミュニケーションをとって、「仲良く」サラたまちゃん栽培をしていくことを再確認しました。


 目慣らし会終了後、販売促進のポスターに使用する生産者集合写真の撮影を行いました。


上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

カテゴリー