「みんなの農業広場」事務局Blogです。メンバーの日常のあれやこれやをつづります。

RSS

Mizukoshi

鹿害とゴミについて考えた大菩薩登山

2009.07.17

中里介山の小説で有名な「大菩薩峠」(山梨県)は、開けていて眺めもよし。
対照的に眺望が利かないのが、日本百名山のひとつである「大菩薩嶺」の頂上。両方に登ってきました。

    

この時期、高山植物がいっせいに花開く、、はずですが、ほとんど見かけることなく、普通の草もなく、笹が目につくばかり。

 

犯人は「鹿」。鹿が草や花を食べているのです。
温暖化の影響で越冬が容易になり、個体数が増えているとのこと。
こうなると、「かわいい」では済みません。

また、鹿が笹を食べて草丈が低くなり、隠れていた「高度成長時代の」ゴミがたくさん出てきたそうです。
ボランティアに参加した若者が、古いコーラのビンを記念に持ち帰った、などの話を聞きました。
「ゴミが出る、ゴミを出す=豊かさ」だった頃は、隠せばゴミは存在しない、という単純な時代だった?!(M)

この記事へのコメント

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

カテゴリー