「みんなの農業広場」事務局Blogです。メンバーの日常のあれやこれやをつづります。

RSS

Yamada

タマイズミ

2008.04. 4

三重県の普及指導員さんから、三重県産の「タマイズミ」という品種の小麦でパンを焼くベーカリーが都内にあるという話を聞いた。

「タマイズミ」は、中華めんや醤油加工用に向いた小麦のはずだが、その小麦を使ったパンはどんな味なのかという興味もあり、早速出かけてみた。

場所は東急目黒線「武蔵小山駅」から徒歩数分にあるnemo(http://www.nemo-bakery.jp/)というお店である。ベーカリーシェフは根本孝幸さんという、この道20年のベテランだ。

店内にはカフェも併設されているが満席。そのうえ、ひっきりなしにパンを求めるお客が来店し、狭い店内は賑わっている。
昨年12月に開店したというのだが、地元ではすでに評判のお店のようである。


お目当てのパンは、その名もずばり「タマイズミ」(220円)という。小麦の品種名がそのままパンの名前になっているのである。
ハード系であるが、中はモチモチしていて、歯ざわりも良い。そのままいただくと、パン本来の味にも深みがあり、なかなか美味しいパンである。

そして何よりも国産小麦で作っているのが嬉しい。なぜ「タマイズミ」という品種を選んだのかはわからないが、店主の心意気を感じさせるパンの味であった。(Y)

この記事へのコメント

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る

カテゴリー