茨城県土浦市で就農3年目。新人農家の毎日を赤裸々(?)につづります

RSS

農家のヨメ3年目にして「初!レンコン収穫」レポート -その2-

2011.10. 6

(2)初!泥の中



作業中


ずぼん、と入ってみてまず思ったこと。
…締め付けられる!
水圧がゴムの服を押しつぶして、かなりの締め付けです。
マッサージチェアの足部分のやつ、アレと同じくらい。ぐいぐい押される感じ。
これは意外でした。ちょっと…きもちよい。よいかも?


で、次の瞬間
!!!!!!…う、うごかない!!!!


足が、泥にはまって動かない。
絶対にこの泥の中に転びたくなんてないけど、ものすごく転びそうです。
足が抜けないので、転んだら確実に死にそう。
これは無理です。
水圧ポンプとか持ったらその瞬間にレンコンじゃなくて私が浮かびそう…ああ、足が抜けないから沈むのか?
ちょっとなめてました。


「水圧ポンプで浮かび上がってきたレンコンを、集めて船にのせて」
言葉で言うと簡単ですが、私は動かないのに、レンコンを乗せる船は知らぬ間に流れて遠くへ行くし、集めるためのレンコンは、そこら中に散らばっているし。
泥にまみれて半分沈んでいたりするから、引っ張ってみなくちゃいけないのに、足動かないし。
よいしょ、と体をひねると…腰が、膝が!
1.5m先のあそこのレンコンを取るには、まず畦に手をついて、左足抜いて。
左足の方向変えてから右足を抜いて、右足をそろえてはい、くるりと…が、水圧で長靴の先っぽが押されて、足の指が痛いイタイ。
ずっと石のせられてるみたいな痛さ。
「ねえーーー足の先がイタイんだけどっ!!」
「…ああん?そのうちどこもかしこも痛くなるよ。」
…にべもない。
普通にプールの中を歩くくらいなようすで歩いて行く先輩。
いいですよ、言い出しっぺですし。やりますよ、やりますとも。

このページの先頭へ