茨城県土浦市で就農3年目。新人農家の毎日を赤裸々(?)につづります

RSS

土木工事

2011.03.29

土木工事は、おもに去年新しく借りた3反を中心に作業しています。
それまで耕作していたのが、このあたりでの有名人で、、、
実際やってみると、なぜ有名なのか、よーくわかった。


●畦が歩けない
 →草刈り、肥料の散布、見回りなどができないorおっくうになる

●水が漏れる、キープできない
 →雑草が生えやすくなる=収穫減&収穫作業がしにくい

●葦が生えている
 →もっすごい丈夫な雑草。これが生えていると、蓮が駆逐されてしまう=収穫減&収穫作業がしにくい

●野良れんこんが残ってる
 →品質劣化、収穫減


\(^o^)/オワタ


と、さんざん痛い目にあったので、早めに収穫作業を終わらせて、土木作業に取りかかりました。
アゼナミを張ることから始めて、畦の強化を中心に進め、だいぶすっきり。
「やりきった感」満載ですが、だれも見てないし、ほめてくれないし。。。


そういえば、子供の送り迎えのとき、毎日「今日なにして遊んだの~」と話しているのですが、最近は「レンコンジャーは今日なにしたの」と、逆に聞かれるようになりました。
「今日はね、道を作ってたよ!」の毎日。
聞いているほうもつまらないだろう。。。早く植え付け始まらないかな(゜A゜;)


蓮田の近くに作業小屋を作る人もいるのですが、蓮田の近くに建てれば地盤がぐずぐずなわけで。



みごとに地震でぺっしゃんこ。
左上に小さくうつっている小屋は、かなり傾いています。



今年の花粉、可視できるほどかよ。。。ブログに投稿しよっ、と思ってたら、こんなニュースが。


「屋上に黄色い粉、まさか…問い合わせ続々 正体は花粉 2011年3月24日16時34分 asahi.com」
 福島第一原子力発電所からの放射性物質が各地で見つかる中、首都圏では24日朝、建物の屋上などに付着した黄色い粉が放射性物質ではないかとの問い合わせが保健所や消防に相次いだ。環境省は「花粉や黄砂の可能性が高い。心配はいらない」としている。

このページの先頭へ