茨城県土浦市で就農3年目。新人農家の毎日を赤裸々(?)につづります

RSS

大寒の気

2011.01.21

1月20日は二十四節気の「大寒」でした。1年で一番寒い時期です。
大寒ってのは一番寒い日と思ったら、ちょっと違うようです。
二十四節気は、その始まる日を「節」、節と次の節までの期間を「気」とされています。
今年の大寒は1月20日を大寒の節、1月20日~2月3日大寒の気なので、正確にはこの2週間が一番寒い時期ということですね。


このあたりでは、筑波山から吹き下ろす「つくばおろし」が1、2月頃に発生します。
体感気温的に、2月が寒さのピークと感じていたので、節と気については納得(当たり前か)です。
体感気温は、風が1m強くなるごとに1度下がるので、外で働く身としては気温より体感気温が知りたい!! 
どこかで発表してくれないかな~。体感気温って、日照と風をなんか複雑な公式に当てはめなきゃいけないんですよ。


さて、今日も寒いブログになってしまいましたが、実は、今期は寒さはそんなに気にならないレンコンジャーです。
どちらかというと、ほぼ毎日の筋肉痛のほうがつらい。。。
学生時代からバドミントンをしているのですが、いまだに次の日に筋肉痛になります。
普通は徐々に筋肉がついて、ならなくなるんですよね??
もしかして一生筋肉痛なのか??


レンコンの収穫は、2月末ごろに終了する予定。
収穫が済んだ田んぼがどんどん増えて行きます。
太陽が2つ~。

このページの先頭へ