茨城県土浦市で就農3年目。新人農家の毎日を赤裸々(?)につづります

RSS

大豆脱穀の予定は未定

2010.12.17

大豆話連投です。
本業のレンコンジャー仕事もやっているのですが、収穫ばかりで目新しいことがないんだよな~(自分的に)。
収穫まで終わった大豆。乾燥する納屋の使用は、一週間という期限付きでした。
脱穀の段取りができるように、一度自分でやってみました。


電動の脱穀機です。これに入れると、豆がブルーシートに飛び出す仕組みです。
手で脱穀するよりラクチン。さすが機械ですな~と思っていたら、実際莢をさわってみると、実が出ていないものがかなりあることが判明。
どうやら乾燥不足で莢から実がはじけていないため、脱穀機にかけても実が出てこないらしい。
これだと脱穀機にかけたあと、さらに莢から手で実を取り出すという、めんどくさい作業が発生してしまう。。。

ということで、一週間の乾燥では足りないと判断、急きょ屋外でぼっちを作ることに!


すみません、この画像じゃ全然なんなのかわかりませんね…orz
ぼっち(野積み)とは、落花生を乾燥させる時に作るものです。
画像がなかったので、知りたい方は「落花生 ぼっち」で検索してみてください。


とにかく、大変だったんですよ、これ作るの。
初めてだったし、ひとり”ぼっち”だったし。
今日はこれが言いたくて投稿したようなもんです。スミマセン。


人が働いている横でなにをしておるんじゃい、って写真。
12月なのにまだトンボっているんだね~

このページの先頭へ