二つのアルプスに囲まれた、長野県駒ヶ根市で奮闘する農業青年の日々   ▼プロフィールはこちら

RSS

春キュウリ定植

2010.03.30

 畑近くの八重桜も見ごろを迎え、スイセンもきれいな花を咲かせています。
 これから、ソメイヨシノや花桃、コブシ、しだれ桜などが見られます。


  


 さて、ここ最近天気が安定せず、なかなか定植できませんでしたが、ようやく定植しました。
 春キュウリを栽培するのは今回が初めて。接ぎ木をして、なんとか定植本数を確保しながら育苗し、やっと定植日を迎えられました。


 次は、収穫までの管理作業をしっかりと行うこと。管理作業の仕方によって、収量も変わってくると思われます。
 おいしいキュウリがたくさん収穫できることを思いながら、手を抜くことなく、管理していきます。

接ぎ木苗断根

2010.03.24

 キュウリの定植に向け、着々と準備を進めています。ひとりのマルチはりも、あっという間に終わらせました。
 キュウリは、定植する3週間くらい前までには、植えられる状態にしておいたほうがいいそうです。その方が定植後の生育が順調に進むとのことですが、私が準備を終えたのは、定植1週間前でした。



 さて、接ぎ木苗は、断根の時期を迎えました。
 いきなり切るとショックが大きいので、穂木の茎をつぶしておきます。2~3日後に穂木にはさみを入れ、穂木の根から断ちました。
しおれる恐れがあるので、その後2日ほど遮光や保湿等を行い、苗を回復させました。
なんとかここまでできました。苗が元気になったら定植です。


  

キュウリ接ぎ木

2010.03.17

 初めて春作のキュウリを栽培します。
 今回、キュウリの接ぎ木苗を自分で作ります。接ぎ木の経験はありますが、ひさしぶりなので、近所の農家さんに聞いたりして確認しました。
 昔は各農家で接ぎ木苗を作っていたそうですが、ここ最近では、2~3軒の農家しか接ぎ木苗を作らないそうです。

 カボチャの苗(台木)とキュウリの苗(穂木)にカミソリで切りこみをつくり、それらを接いでクリップでとめる。「本当に台木と穂木がくっつくのか? もしつかなかったらどうしよう・・・」と不安に思いながら、ひたすら作業を進めました。


  



 接ぎ木苗を買うと、1本あたり130~150円。春作キュウリにかかる経費を極力抑えて利益を上げるには、やはり苗を購入するよりも、自分でこしらえたほうがいい。
 思った以上に手間のかかる作業ですが、こうした手間の積み重ねが、収益に大きく反映するかと思います。

このページの先頭へ