二つのアルプスに囲まれた、長野県駒ヶ根市で奮闘する農業青年の日々   ▼プロフィールはこちら

RSS

床土準備

2010.02.10

駒ヶ根は長野県の南に位置しているため、北部や中部に比べると雪は少ないのですが、ひさしぶりにまとまった雪が降りました。あたり一面銀世界。パイプハウスも雪に覆われました。


  


今日は、半促成キュウリやミディトマトの育苗に使う床土を作りました。
材料をそろえて、ハウス内で混ぜ合わせます。別の畑から運んできた土に、モミ殻くん炭、堆肥や自家製腐葉土、それに肥料を入れて、トラクターでよく混ぜ合わせます。
その後、ビニールで覆い養生をしました。


  


まだまだ寒い日が続きますが、家の玄関わきにある福寿草が、ぼちぼち咲き始めています。
駒ヶ根も少しずつ春を感じられるようになってきました。

このページの先頭へ