二つのアルプスに囲まれた、長野県駒ヶ根市で奮闘する農業青年の日々   ▼プロフィールはこちら

RSS

雪対策

2009.12.21

冬、「雪」と聞くとドキッ!とします。大雪が降り、その雪の重みでパイプハウスがつぶされてしまう恐れがあるからです。
 そうならないように、ハウス内に支柱を4メートルおきに設置しました。この時期、やはり雪が心配。このように支柱を設置しておけば安心です。


  


 また、1か月前に播種したホウレンソウも、少しずつ大きくなってきました。
今、間引きしたホウレンソウを子どもの離乳食に使っています。パクパクとホウレンソウを食べてくれるのでうれしいですね。

このページの先頭へ