二つのアルプスに囲まれた、長野県駒ヶ根市で奮闘する農業青年の日々   ▼プロフィールはこちら

RSS

トマト管理作業

2009.06.10

 トマトの管理作業には、誘引と芽かき作業があります。
 今回、スズランテープで棚を作り、その棚に、トマトを斜めに傾けながら誘引していく方法を行っています。この方法は、以前見学にいった農家で行っていた誘引方法で、それを真似てみました。


  


 芽かき作業は、慌ててやるとトマトの木を余計に傷つけてしまいますので、丁寧にしっかりと芽をかきます。
 この作業、素手で行なうと手が真っ黒になります。この汚れが洗ってもなかなか落ちないので、ゴム手袋をして作業しています。



 余談ですが、このわき芽を天ぷらにして食べたことがあります。
 思っていた青臭さもなく、美味しく頂きました。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

このページの先頭へ