二つのアルプスに囲まれた、長野県駒ヶ根市で奮闘する農業青年の日々   ▼プロフィールはこちら

RSS

露地キュウリ定植

2009.06. 8

 5月初めに播種したキュウリが、すっかり大きくなりました。
 この時期になると、遅霜の心配もなくなり、露地に安心して苗を植えられます。



 露地キュウリを作るのは初めて。支柱の組立て方やどんな品種を使えばいいのかなど、周りの人たちに聞きながらの準備でした。
 定植作業中、帽子がネットによく引っ掛かってしまう・・・。作業中は仕方なく、帽子を脱いでいました。


  


 病気にかかりやすい露地キュウリ。ハウスと違って、雨の影響をもろに受けます。
 いかに長い期間、質の良いキュウリをたくさん採るか。そのためには、定期的な農薬散布と肥培管理が大切になります。

 初めからうまくいわけがない・・・かも知れませんが、今回の作が来年の作につながるように、栽培管理していきます。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

このページの先頭へ