二つのアルプスに囲まれた、長野県駒ヶ根市で奮闘する農業青年の日々   ▼プロフィールはこちら

RSS

春の農作業

2009.05.11

 駒ヶ根では、もうじき田植えが始まります。
 田んぼに水が入ったので、夜になると家の周りの田んぼでカエルの大合唱が行われます。
 ここ最近、どの家もトラクターで代かきをしています。私も自分の田んぼの代かきをしましたが・・・見事失敗。でも、失敗は成功のもと! 来年は同じ失敗を繰り返さないように頑張ります・・・。


 先日まいたキュウリの種もそろって発芽。もう少し大きくさせてポットに移植します。
 ミディトマトの定植準備も連日進めています。
 日中さすがにパイプハウスの中は暑い! 汗だくになりながらの作業です。マルチをせっせ、せっせと張る。トマトの苗達も、畑の準備はまだかまだかと待ちくたびれている様子です。


キュウリの種が芽を出したところ  ハウス内でマルチ張り
左 :キュウリの種が芽を出したところ / 右 :ハウス内でマルチ張り


 今回ミディトマトを植えるハウスは、部分的に乾きやすいところがあります。
 生育に極力ばらつきが出ないように、今回は灌水設備に工夫しました。


定植を待ちわびるミディトマトの苗たち
定植を待ちわびるミディトマトの苗たち


 その畑(パイプハウス)にどんな癖があるのか?
昨年1年間栽培してみてわかったことを、今年こうして活かしていきます。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

このページの先頭へ